スクール

英会話を習うなら、やっぱり英会話学校と言う方は多いのではないでしょうか。学生向けと言うよりも社会人向けに開かれているものが多いですよね。夜遅くまでやっている学校もありますし、行きやすい環境づくりがされています。費用についてはばらばらで、場合によっては助成を受けられることもあります。英会話スクールの人気が急増したのは、CMなどの影響によるところや、外資系産業の急激な参入に伴ったものと思われます。国際化が叫ばれるようになったからともいえます。しかし、スクールには問題も多数あります。外国人講師であることを売りにしているスクールが多くありますが、留学生やワーキングホリデーなどで一時的に講師になる人も多くいます。すると、いつの間にか先生が変わっているということもしばしばです。また、日本語に訛りがあるように、英語にも訛りがあります。綺麗な英語を話す人に習えば、それを習得できますが、訛りのある英語を使う人に習えば、その英語を習得することになってしまいます。そうすれば、いくら使えるようになっても、少し違う発音になってしまいますよね。中には、いわゆる標準語の英語に戻してから講師として採用するスクールもあるようですが、極稀なようです。もし、綺麗な英語を習得したいと言う方は、スクールに入る前に確かめてみるといいと思います。また、残念なことに英会話スクールについては、詐欺の事件も何度か起きているようです。信頼に足る所かどうかをきちんと吟味されることをお勧めします。

ヒューマン国際大学機構
http://hiuc.athuman.com/partners/america/

シェーン英会話
http://www.shane.co.jp/