子供に英会話

子供に英会話を習わせたいと言う親御さんは多いと思います。小さいときから慣れておけば、将来そのお子さんのためになると考えるからこそですよね。幼少期からの英会話スクールや通信教育は多数出ています。それだけでなく、幼稚園にもありますよね。ある幼稚園では、日常会話を英語としているそうです。英語しか使用できないため、子供は恐ろしい速さで英語を覚えていくといいます。しかし、幼少期からの英会話教育には落とし穴があります。よく、5歳頃まで留学していたけど、日本に帰ってきたらさっぱり使えなくなったと言う人の話を聞きます。つまり、継続して勉強なり、会話を続けていなければ会話の質は落ちるという事ですよね。いくら幼少期に英語が話せるようになったとしてもその後の環境づくりが大事だということです。英会話を学ぶというのは、英語をいかに使うかということにも繋がると思います。特に子供に関しては、勉強しようと思ってしているというよりは、覚えてしまっているというのが当てはまると思います。だとすれば、それを頭に定着させるのは、継続性が必要ですよね。今はいくらでも幼少期からの英会話を学ぶ場があります。だからこそ、そこに気を使っていくべきかと思います。まさに継続は力なりですね。