夏期講習とは?

夏期講習は、学校の夏休み期間を利用して行われる集中講義のことです。多くの小中高校生が夏期講習を受けます。目的は、今までの勉強に対しての理解を深めること。今までの知識を、短期集中型の勉強により更に増大させることにあります。しかし、夏期講習の内容も塾によって全く違います。例えば、一番色々な面で差が出ると考えられるのが小学生の夏期講習です。公立の小学校の場合、夏期講習を受ける子と受けない子には大分差がでます。都会では、中学受験をする子としない子では大分違う勉強の仕方をしています。地方でも、その差はありますが、中学を受験する子はあまりいないというのが現状でしょう。中学になると、高校受験をすることになるので、中学2年生くらいから夏期講習を受け始める子も多いでしょう。通常の塾には通わなくても、夏期だけ参加する子も多いはずです。高校生になると、大学受験を考える場合、高校一年生から夏期講習を当たり前に受ける子が多くなるはずです。進学校などでは、学校で補習授業を行うこともあるようです。では、夏期講習はどのくらいの期間で行われるのでしょうか?お話して行きたいと思います。