夏期講習の期間

夏期講習と一口に言っても、学年によってその機関は様々です。例えば小学生です。早いコースでは小学校3年生から夏期講習があります。もしかしたら、もっと早いところもあるのではと思います。小学校3年生と小学校6年生の期間を比べると15日以上の開きがあります。小学校3年生では、集中できる時間も少ないですし、小学校6年生ともなれば、受験を考えるのならば機関は長くなるのは当然です。中学生になると、だいたい夏休み期間にわたって夏期講習が行われるようです。部活動に配慮して午後から行われる夏期講習も多くあります。中学3年生ともなると、その期間や時間帯もぐっと広くなります。高校受験の為の勉強となるわけです。中にはこの高校に受かる為の塾というようにプログラムを組む塾も多くありますよね。最後が高校生の夏期講習期間です。高校生になると部活動をする人としない人で大きく分かれるということもあってか、高校1年生からかなり夏休み期間全般を割くものが多く見受けられます。但し、予備校などで組まれる夏期講習のプログラムなどの場合、自分が受けたい講義を選択できるところが殆どです。自分のスケジュールを都合よく調整できるようになります。こうしてみると、やはり夏や水をできるだけ有効に利用しようとするのが伺えます。では、費用はどうでしょうか?お話していきたいと思います。