予備校に通う

最近では、高校に通いながら予備校に通うことはそれほど珍しいことではなくなりました。進学校では、学校にサテライトを導入し、予備校の授業を当たり前に取り入れています。それだけ予備校は受験対策に強いと考えられていることがよく分かります。元々予備校は、予備校生つまり浪人生のための学校でした。それがどんどんと現役高校生にも広まり、更には小中学生まで広がりを見せています。巨大な塾へと変貌しつつあると言えると思います。予備校には、チューターと呼ばれる学生を採用して授業を行う所もあれば、よりその分野での専門的な講師を集めた予備校と色々あります。また、通常の塾と違い、通う学生が授業を選べることも魅力です。選ぶ科目や時間割に応じて支払われる金額も変わってきます。中には、ハイレベルなコースに入る為にテストを受けてからという所もあります。しかし、予備校と一口に言っても、今や様々な予備校が存在します。そこで、予備校の色々についてお話していきたいと思います。